top of page

美味しいミニトマトを育てるために

Green Sustainable Agricultureでは

温室水耕栽培でミニトマトを育てています。

水耕栽培とは、土を使わず、水と培養液で植物を栽培する方法のことです。草や花などの植物をはじめ、野菜や果物なども育てることができます。

一般的な土耕栽培(土に植える栽培方法)と違い土を使わないため、肥料をまいたり草刈りをしたりする必要がありません。また、水に溶かした栄養分を根から吸収して成長するのが、水耕栽培の特徴です。

<水耕栽培のメリット>

・土を使わないため、害虫や病気などのリスクが低い

水耕栽培は土を使わないため、害虫や病気のリスクが低いのがメリットです。土耕栽培は土に虫がつきやすく、害虫駆除が必要ですが、水耕栽培ならそのような手間がありません。

また、除草や土づくりに労力を割かなくて良いのも魅力です。

・室内の小さなスペースで栽培できる

水耕栽培は、室内の小さな空きスペースを活用して栽培することも可能です。植物の根を水と溶液に浸すことで育つため、小さいものならペットボトル1つでも行うことができます。

・天候や気候に左右されずに育てられる

水耕栽培は、天候や気候に左右されずに育てることができます。大雨や台風が来ても、野菜が影響を受ける心配がありません。

また、猛暑や厳冬などの気候でも問題なく育てられるのがメリットです。

・土耕栽培に比べて成長のスピードが約1.5倍早い

水耕栽培は土耕栽培に比べて植物が育つスピードが1.5倍ほど早いという特徴があります。なぜなら土から栄養を吸収するよりも、水に溶かした養液からの方が、効率良く栄養を吸収できるからです。

成長スピードが早いため、短期間で収穫できる状態にできます。

・野菜の質が安定する

水耕栽培は室内で育てるため、室温や照明の管理を行えば一年中一定の環境を保つことができます。

季節を問わず収穫ができ、自然災害などの影響を受けることもないため、野菜の質や収穫量が安定するのはメリットです。

onshitsu.jpg
bottom of page